年齢による制限

免許をとったばかりの若者と、何十年も運転しているベテランとでは、
 若い人のほうが事故にあう(おこす)確率が高くなります
 そこで事故にあいにくいベテランほど自動車保険料を下げるための制度がこの年齢による制限です。

 基本的には年齢によって4つの分け方があります
  1・全年齢担保(すべての年齢の人が保険の対象になる)
  2・21歳以上担保(21歳以上の人が保険の対象になる)
  3・26歳以上担保(26歳以上の人が保険の対象になる)
  4・30歳以上担保(30歳以上の人が保険の対象になる)

 例えば21歳以上担保の場合、
 21歳の人が運転して事故をおこしても保険が使えますが、
 20歳の人が運転して事故をおこした場合は保険が使えず、自分で負担しなければなりません。
 だから保険契約の際は、
 自分の車を運転する中で最も年齢の低い人を基準にする必要があります。

 たまにですが、保険をよく理解していない免許とりたての子供が、
 後輩などに車を貸して事故をおこし、実はその後輩は年齢条件に合っていなかった、
 ということがおこります。
 自分の保険は誰が運転できるのか、自分だけでなく周りにもしっかり認識させておきましょう。

 基本的な分け方は上の4つですが、最近は保険会社によっては、
 ・35歳以上担保、・65歳以上不担保(65歳以上は保険の対象にしない)
 などのように分け方をより細かくしている場合もありますし、
 さらに1歳刻みの年齢で保険料を分けている会社もあります。

 自動車保険料や特約は保険会社によって違いますし、細かく決めた方がお安くなりますので、無料で最大15社の自動車保険を一括見積できるシステムなどを参考にして、じっくり選んでみてください。

子供特約

 自動車保険年齢条件は自分の車を運転する中で最も年齢の低い人を基準にしなければなりません。
 しかしごくたまにしか運転しない子供のために年齢条件を下げるのは、
 保険料ばかり高くなってあまりいい選択とはいえません。
 そこで、登場するのが子供特約です。

 これは親の自動車保険の年齢条件を下げることなく、
 子供特約の条件(全年齢、21歳以上、26歳以上)にあう
 子供(同居または別居の未婚の子)も運転してもいいよ、という特約です。

  例:親48歳、子供21歳。
  子供が免許を取ったので、自動車保険が30歳以上担保になっている車を運転できるようにする。
  通常   :年齢条件を21歳以上担保にする。
  子供特約:年齢条件はそのまま30歳以上担保で、21歳以上担保の子供特約をつける。

 普通に年齢条件を21歳以上担保にするよりも子供特約をつけたほうが
 安くなります。

安い自動車保険を徹底比較!【価格.com】


臨時運転者特約

 自動車を運転するのが子供でなくて、友人や知人であったらどんな自動車保険がよいのでしょう?
 友人・知人は子供ではないので当然子供特約は使えません。
 そこでこのような場合に登場するのが臨時運転者特約です。

 基本的には子供特約の子供の部分が友人・知人になったものと考えてください。
 (だから子供や一定範囲内の親族は対象になりません。)
 
 子供特約との違いは、臨時運転者特約には年齢による条件分けがないということです。
 だから臨時運転者特約をつければ、どんな年齢の友人でも車を運転することができます。
 (臨時運転者特約をつける際は、契約する保険会社に
 臨時運転者特約の対象となる範囲をしっかりと聞いておいてください)

 なお家族限定特約をつけると臨時運転者特約をつけることはできません。
 注意してください。


家族限定特約

自動車保険は運転できる人を減らす方が保険料が安くなります。
 そこで、運転者の範囲を家族(本人、配偶者、本人と配偶者の同居の親族、別居の未婚の子)
 限定することで、保険料を安くするのが家族限定特約です。
 この特約をつけることで保険料を5%割引にすることができます。


 最近は家族限定だけでなく、本人と配偶者のみを対象とした特約や、
 本人のみを対象とした特約もでていますので、
 いろいろ調べてみるのも良いと思います。

 なお家族限定特約をつけると臨時運転者特約をつけることはできません。
 注意してくださいね。

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。