誰が運転するのかを考える

さあ、今日もななみと一緒に、自動車保険料はどうすれば安くなるのか?
お勉強しましょう!

おや?「誰が運転するのかを考える」と、安くなるってページに書いてありますよ?!本当ですか?


自動車保険の保険料は、保険金の支払い対象者である運転者を絞り込むほど安くなります。

たとえば、家族が運転したときの自動車事故のみを対象にするのなら、「運転者家族限定割引」を付けることで、通常よりも保険料が5%引きになります。また、運転者の対象範囲を夫婦のみ(運転者本人と配偶者)とさらに限定することで保険料が安くなる「運転者本人・配偶者限定特約」を扱っている保険会社もあります。
他人にクルマを貸すことがほとんどない家庭であれば、要チェックですね。

運転者の年齢条件を絞り込むと、さらに割安になります。 保険料は、「年齢を問わず担保(担保=保険金の支払い対象)」がもっとも高く、次いで、「21歳未満不担保(不担保=保険金の支払い対象外)」、「26歳未満不担保」「30歳未満不担保」の順に安くなります。

運転免許を持つ家族が夫婦のみで、どちらも30歳以上であれば、「30歳未満不担保特約+運転者本人・配偶者限定特約」を付けるのがおトク!というわけ。 ただし、30歳未満の同居の家族や友人・知人にクルマを貸したときに事故が起きたとしても、あなたの自動車保険から保険金は支払われませんので注意してください。

子どもが免許を取って親のクルマを運転する場合、それまでの年齢条件を変更することになり、保険料が急激に高くなることがあります。このようなときには、「子供特約」が付けられる自動車保険であれば、こちらを利用するのがダンゼン有利です。

「子供特約」とは、親の年齢条件を変更しないで、子供に限って被保険者(保険の対象者)に追加する特約のこと。年齢条件を変更するよりも対象を絞り込んでいるので、その分、保険料アップを押さえることができます。子供の運転中の事故は、1回目に限り「等級すえおき事故(保険金を請求しても保険料が上がらない)」として取り扱えるのも大きな魅力です。

なお、保険会社により特約の取扱いに違いがありますのでご注意下さい。

family.jpg




保険スクエアbang!
を参照させていただきました。

安全な車に乗ろう

安全なクルマとは、エアバックやABSなどの安全装置が付いているクルマのことです。



スポーツカーやコンパクトカーが危険と言っているわけではありません。念のため....。



安全な車ほど事故の被害が少なくてすむので、その分、保険料を安くしている保険会社が多くなりました。マイカーを買い替えるときに、意識しておくとよいですね。



なお、エアバック装備車割引やABS割引はほとんどの保険会社で取り扱われていますが、それ以外は一部の保険会社のみの適用になります。



割引名 内容
エアバック装備車割引 エアバックが装備されているクルマであれば、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を10%(デュアルエアバックは15%)割り引くというもの。保険会社によっては、搭乗者傷害保険のみを対象にしているところもあります。
ABS割引 ABSは、正式にアンチロック・ブレーキ・システムといいます。このシステムがないと、急ブレーキを踏むとタイヤがロックされてハンドル操作がきかなくなることがあります。ABSを付けていれば、それだけ安全性が高いということで、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険の各保険料相当部分を5%割り引くことができます。
横滑り防止装置割引 横滑り防止装置(車両安定性制御装置)とは、センサーが横滑りを感知して自動的に4輪のタイヤそれぞれにぴったりのブレーキをかけてエンジンの出力をしぼる装置のこと。この装置が付いているクルマであれば、対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を5%割り引くことができます。
衝突安全ボディ割引 正面衝突したときに、クルマの前方がつぶれている写真を見たことはないでしょうか? 衝突時の衝撃は、クルマがペチャンコになるだけでなく、運転者や搭乗者のカラダにも大きな負担を与えます。このような衝撃を吸収する構造を持ったクルマを衝突安全ボディ装置車(別名ゴア)と呼び、これに該当するクルマであれば、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を10%割り引くことができます。とはいえ、衝突安全ボディの基準には欧州基準・国内基準・米国基準などがあり、どれを採用しているかは保険会社によって違うようです。
低公害車(エコカー)割引 安全装置ではありませんが、エコカーとかハイブリットカーという名前で、環境に配慮した低公害車が販売されるようになりました。これらは税制上の優遇措置を適用することができますが、さらに自動車保険料まで安くなるというおまけが付いているのです。割引率は、ファミリーバイク特約を除く保険料に対して3%になっています。
盗難防止装置(イモビライザー)割引 イモビライザーとは盗難防止装置の一つで、自動車のキーとエンジンとの暗号が一致しないとエンジンが始動しない仕組みのものです。保険会社によって、車両保険料の割引の対象となります。メーカー純正のものなのか、後付けなのかなどで割引率が違います。
その他にも盗難車追跡装置(GPSまたはPHSや携帯電話の基地局を利用した測位システム)や盗難異常通報装置なども対象となる場合があります。
また、位置提供・急行サービスを提供している会社のサービスの料金割引や盗難の再発や損害軽減対策費がでる特約をもうけている保険会社もあり、割引率は車両保険料の1〜5%になっています。



保険スクエアbang!

より引用




安全な車に乗って、保険料は安く!なんて、お得ですよね。

自分と家族をしっかり守ってくれる車を選びましょう!

2台目からは安くなる?!

同居の子どもや配偶者のために、マイカーを2台、3台保有する家庭が増えてきました。このような家庭なら、「セカンドカー(複数所有自動車)割引」を利用すると、保険料が安くなります。

一般的なセカンドカー割引とは、1台目の保険契約が5年以上無事故の人(=11等級以上の人)であれば、2台目以降の保険料を割り引くというもの。新規で自動車保険に加入した場合、6等級からのスタートになりますが、セカンドカー割引を使うと7等級から始めることができるのです。2台目の自動車保険の設定が「26歳未満不担保」または「30歳未満不担保」であれば、30%の割り引きになります。

しかも、その後は通常と同じく、無事故が1年続くごとに等級が上がっていくので、ずっと無事故を続けていれば単独で入るよりも1年早く16等級(最高割引率)になるというダブルの特典が受けられるのです。

2台目の被保険者は、1台目と同じ人であることが原則ですが、同居の家族であればいつでも契約を移行することができます。子どもが結婚して別居生活に入るという場合は、別居する前に子どもに名義変更すれば、等級をそっくり引き継いだかたちで子どもの保険にできます。覚えておくと便利ですね。

しかし、一部の保険会社では、2台目以降の保険料を10%割り引く「複数契約割引」を採用しているところや、「マルチオーナーシップ割引」になっているところもあります。

「マルチオーナーシップ割引」とは、2台目からの保険料を10%割り引くだけでなく、1台目についても次回継続時に同様に割り引きが受けられるというものです。しかも、契約者と同居している家族の名義で、2台目の保険を付けた場合にも、同様の割り引きが利用できるようですよ。

保険スクエアbang!より

安全運転を心がけよう!

すでにご存知かと思いますが、自動車保険は運転者やクルマなどのリスクに応じて保険料が決まります。つまり、安全運転を心がけていれば、自然と保険料が安くなるわけです。

もっとも顕著な例は、ノンフリート等級です。最初は6等級からスタートしますが、1年間無事故であれば、1年ごとに1等級ずつ上がるようになっています。等級が高いほど保険料の割引率が高くなります。

一方、事故を起こして保険金を請求すると、等級は3つ下がります。5等級以下になれば割増になってしまうので、マイカー歴の浅い人は特に安全運転を心がける必要がありますね。

また、最近では「ゴールドの運転免許証を持つ人」や「運転歴3年以上の人」の保険料を安くするところが増えてきました。特にゴールドの免許証をもつ人に対する割引には家族全員がゴールドの場合はさらに安くなるなど、さらにリスク細分が進んでいます。
保険料の割引率は保険会社ごとに違いますが、少なくとも4〜5%の割り引きが受けられるようです。



知っていますか?インターネットならさらに約8%安いって


加入方法を工夫してみよう

条件・補償内容・保険会社がすべて同じ、AさんとBさんがいました。ならば、保険料も一緒…と言いたいところですが、Aさんの保険料をBさんよりも安くする方法があるのです。

1つは、満期日の45日以上前に契約の申し込みをすること。これは「お早め契約割引」と言って、一部の保険会社で実施されている割引制度で、保険料を4%安くできます。自動車保険の乗り換えをするのなら、満期日の2〜3ヶ月前に見積もるのがベストでしょう。

2つめは、インターネットを使って契約の申し込みをすること。「インターネット割引」と言います。これも一部の保険会社だけの割引制度ですが、一律2,000〜2,500円引きにしているところと、保険料を6%割り引いているところがあります。
知っていますか?インターネットならさらに約8%安いって



3つめは、2年以上の長期契約にすること自動車保険は保険期間1年の掛け捨て型が一般的ですが、これを2〜5年の長期契約にすることで、実質の保険料負担を軽くすることができます。

長期契約には、「満期金が戻ってくるタイプ」と「掛け捨てタイプ」の2種類があります。多少保険料が高くなっても貯蓄感覚で利用したいなら「満期金タイプ」を、保険料の負担を少しでも軽くしたいなら「掛け捨てタイプ」を選ぶとよいですね。




最大15社!一括無料見積の保険スクエアbang!より引用しました。

いろんなタイプがあるんですね。勉強しなきゃ!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。