自賠責保険とは

■自賠責保険とは

 自賠責保険とは自動車(原動機付自転車を含みます)を運行する場合には必ず加入しなければならない保険として法律で義務づけられている為、一般的に強制保険と呼ばれています。

 自賠責保険の証明書を車につんでいないだけで、3万円以下の罰金になりますので、必ず車に携帯するようにしましょう。 また、自賠責保険を契約しないで(有効期限が切れている場合など)自動車を運行した場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点となり、免許停止処分となります。

 この保険の補償条件は「過失により他人を死傷させたとき」であり補償限度額(保険金額)は死亡で「3,000万円」、傷害で「120万円」、後遺障害障害は等級などに応じて、「75万〜4,000万円」と定められています。

 被害者1名毎に支払い限度額が定められるので1回の事故で複数の被害者がいた場合でも保険金は減りません。被害者が直接加害者の契約会社に請求できるという特徴がありますが、被害者に重大な過失がある場合は減額、もしくは保険金は支払われません。


しかし昨今では、死亡事故や後遺症障害を起こした場合の補償は、自賠責の定める金額ではとても足りなくなってきました。

(後遺症障害を将来のある若者に負わせてしまった場合、1億を超える判決も出ています。)

自賠責では補えない、大きな補償を設定できるのが、任意の自動車保険です。
自動車保険は加入が自由で保障内容も各種各様です。

対人賠償保険は、支払うべき賠償金が自賠の限度額を上回った時にその不足分が支払われます。


自賠責保険だけではカバーできない現実

現在の自動車事故の賠償額をみると、自賠責保険だけでは、多額の賠償額を支払うことができなくなっています。
被害者に十分な治療を受けてもらうためにも、任意保険の加入は大事です。

最近の判例では、交通事故で死亡したり、後遺障害を負った人に対して、自賠責の限度額をはるかに超える高額な損害が続々と認められています。

昭和59年に40歳の男性が後遺障害を負った交通事故では、その人が会社役員という事情もあって、裁判所は2億9736万円という賠償額を認定しました。また、傷害事故でも、被害者が骨折を伴うような重傷を負った場合には、あっというまに120万円をオーバーしてしまうことも決して珍しくありません。

 こうして現実に起こった事故を見ていくと、自賠責保険だけではカバーしきれないものが多く、ドライバーはその不足分を補ってくれる自動車保険を自分の意志(任意)でかけなければならないのです。

また、「自賠責に入っていれば、とりあえずクルマの修理代だけは何とかなる」という勘違いをしている人も意外に多いようですが、自賠責はあくまで「対人保険」であり、保険の支払いができるのは「他人」に対する損害だけに限られます。

クルマやガードレールといった「モノ」に対する損害や、自分の体、自分のクルマに対する損害は「任意保険」で補うしか方法がありません。自賠責とは、あくまで「人に対する必要最小限の保険」と理解しておくといいでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。