対物賠償保険の適正金額は?

対物賠償保険は、自分で自由に設定できますが、一体どのくらいの金額が適正なのでしょう?

もちろん、自動車保険の保険料は安くおさえたいのですが、事故のときに賠償金が払えないくらい高額となったら?!

対物賠償保険とは、自動車事故で「他人の物」や「公共のモノ」を壊して、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるもの。


「他人の物」とは、事故の被害者の自動車や身の回りの持ち物。あと、見落としがちなのが、「公共のモノ」。

公共のモノとは、踏切や信号機、ガードレール、電柱などのことです。


意外と忘れられていますが、これが結構高額だったりするのです。

私の友人は、事故で一番簡易型の信号機(一本足で、赤と青だけの歩行者用のもの)を壊したとき、30万円すると言われたそうです。

現在では、高性能の信号機(センサーやカメラ、コンピューター基板内蔵のもの)がありますので、1台100万円はざらだそうですよ!


あと特に怖いのは踏切事故。

踏切道を通過中の自動車が電車と接触して、電車を脱線・電柱に衝突させて付近の民家(持ち家2軒、借家1軒)に突っ込んだ事例(福岡地判昭55・7・18)では、当時約1億2,037万円の賠償額でしたが、今の物価に換算すると2億2,000万円強に相当するそうです。【
保険スクエアbang!より引用】


対人賠償保険より、軽んじられて見られがちな対物賠償保険ですが、最低でも「20000000円」の枠は確保しておきたいですね。

通勤路などに踏切がある方は、ぜひ「無制限」をおすすめします。
億単位の賠償は、個人では難しいものです。

もしもの時に、役に立つ自動車保険を選んでおきたいものですね。


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!


対物賠償保険の適正金額は?

自動車任意保険の7つの柱のひとつ、対物賠償保険

金額を自由に設定することができますが、どのくらいの金額を目安にしていいのか、迷います。

そもそも対物賠償保険とは、自動車事故で他人の物を壊して、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるもの。

この場合の「他人の物」とは、事故の被害者の自動車や身の回りの持ち物などと、もう一つ忘れていけないのは、公共のモノを壊した場合。

公共のモノとは、電柱、踏み切り、ガードレール、信号機など。


皆さんは、あまり考えていらっしゃらないかもしれませんが、この「公共のモノ」って、とっても高いんですよ。

私の友人は、事故で、一番簡易型の信号機(一本柱の歩行者用の赤と青だけのもの)を壊したとき、30万円だといわれたそうです。

今は高性能の信号機が多い(カメラやセンサー・コンピューター基板内蔵など)ので、100万円はざらなのだそうですよ。


あと怖いのが、踏切事故。

自動車が電車と接触して、電車を脱線・電柱に衝突させて付近の民家(持ち家2軒、借家1軒)に突っ込んだ事例(福岡地判昭55・7・18)では、当時約1億2,037万円の賠償額でしたが、今の物価に換算すると2億2,000万円強に相当するそうです。【保険スクエアbang!より引用】


対人賠償保険よりは軽く見がちな対物賠償保険ですが、これらのことを考えると、最低でも「2000万円」の枠は確保しておきたいですね。

通勤路などに踏切がある場合は、「無制限」にしておくのが安心です。

もしもの事を考えて、の自動車保険ということを忘れずに!

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!



任意保険について【自動車保険まとめ】

これまで自動車保険について、いろいろなことを勉強してきました。

今回は自動車保険任意保険について簡単にまとめてみました。

任意保険は主に7つの種類あり、「対人賠償保険対物賠償保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険者傷害保険人身傷害補償保険車両保険」に分かれています。

保険会社で販売している自動車保険の商品は、この7つの組み合わせや、補償額の違いにより、セットの自動車保険商品として販売されているということです。


自動車保険は、各社いろいろな特約をつけて、他社との違いをアピールしているので、自分が自動車を運転する状況を出来るだけ細かく条件付けをすることにより、保険料が安くなることも分かりました。


賢い自動車保険選びは、できるだけ多くの見積を取り、保険料を比較して考えてみることが一番なのですね。

十数社分の自動車保険見積無料でお取り寄せ可能!!
保険スクエアbang!/自動車保険

対人賠償保険の無制限について

対人賠償保険とは何でしょう?

これは、自動車事故で他人にケガをさせたり死亡させたことで、相手から法律上の損害賠償請求を受けたときに保険金が支払われるというものです。

過去の交通事故賠償による主な高額判例をチェックしても、

2億9,737万円
(相手:当時40歳男性、会社役員、被害状況:後遺症)
2億6,548万円
(相手:当時20歳男性、大学生、被害状況:後遺症)

と、賠償額は2億円以上が多数です。

実際には、自賠責保険から死亡の場合で3,000万まで、後遺障害で最高4,000万円の保険金が出るので、それを超える部分が対人賠償でカバーされます。


実際のところ、保険金額が「2億円」と「無制限」ではあまり保険料に差ががないそうですので、対人賠償保険の保険金額は、「無制限」がよいでしょう。

相手の賠償もきちんとできる自動車保険を選択してくださいね。

バイク保険について

バイク保険の実情

現在任意保険の加入率は自動車が約70%に達している一方で、バイクは約30%と非常に低い状態にあります。その主な理由として考えられるのは、


[1] ライダーには比較的若年層が多く、一生懸命アルバイトをしてお金を貯めバイクを購入したというケースがほとんど。保険のことまで考えられないという状況です。

[2] バイクはバイクショップなど個人商店などから購入しているため、付加サービスなどが充実していません。正確に保険の知識を持って、保険の必要性を説いてくれる人が周りにいないのです。


しかしながら、自動車とバイクの事故発生割合を国内保有台数と死傷者数をもとに比較してみると、バイクの事故発生割合は自動車と比べて約1.5倍です。つまり、自動車を運転しているときよりもバイクを運転しているときの方がはるかに危険と隣り合わせの状態にあるということであり、自動車よりもバイクの方が任意保険加入の必要性が高いといえるのです。


交通事故発生件数 死亡者数 負傷者数 保有台数 免許保有者数
全体 850,363 9,006 1,050,397 74,914,679 73,793,000
自動車
  3,872 643,590 51,164,901 63,258,000
バイク
  743 57,092 3,057,119 541,000


以上、バイクによる事故の危険性と保険加入の必要性がわかっていただけたのではないでしょうか。この機会に、もっと安全でもっと快適なバイクライフを充実させるために、保険について考えてみてはいかがでしょうか?

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
(バイク保険のお見積もできます)

自動車保険7つの内容 その7 【車両保険】

7・車両保険

自動車事故で車が壊れたときや車が盗まれたときなどに備える保険です。
自動車保険の車両保険は補償範囲によって1・車対車、2・限定A(エコノミー)、3・一般
に分けることができます。
火災・洪水高潮等 盗難 落書き
窓ガラス破損
相手がわかる
事故・当逃
相手がわからない
事故・当逃
電柱への
衝突・転落等
車体車 × × × × ×
限定A × × ×
一般

 最近は車対車と限定Aをセットにした車対車+限定Aと、
 一般車両保険の2つから選ぶパターンがほとんどです。

 また通常自動車保険には免責額というものが設定されています。
 例:免責額5万の場合、100万円の車両が事故をおこし、修理に50万円必要な場合、
 保険会社からは45万円受け取ることができ、
 残りの5万円は自分で負担することになります。
 (事故の相手から免責額以上の賠償金がもらえるときは、自分で負担する必要はありません)
 なお免責額0を選択できる会社もあります。(車対車の事故のみ免責0にできる特約もあります)



自動車保険7つの内容 その6 【人身傷害保険】


6・人身傷害保険




 比較的最近に発売された新しい自動車保険です。

 人身傷害保険は事故の際、

 自分の車に乗っている人のケガなどに対して実際の損害額を補償してくれる保険です。

 「でも事故なら相手から賠償金がもらえるじゃないか」と思うかもしれませんが、

 人身障害保険が新しい理由は3つあります。




 示談の前に必要な補償を受けられます。

 過失割合に関係なく、補償を受けられます。

 自動車搭乗中の事故だけでなく、歩行中の自動車事故や補償対象。




 2番目の過失割合に関係なく補償が受けられるというのはどういうことかというと、

 通常自分の過失が大きいほど、

 相手からもらえる賠償金が減る=自分の負担が増えるわけですが、

 人身障害保険に入っていれば本来減らされてしまう部分もふくめ
 自分の自動車保険でカバーされます。







 人身傷害保険の特徴として歩行中の事故についても補償する、というのがありますが、

 保険会社によっては電車、バス、飛行機などに搭乗中の事故も対象になる場合や

 日常生活のありとあらゆるケガも対象となる場合もあります。

 詳しくは保険会社にご確認ください。



 補償を車に乗っているときのみに限定することもでき、

 その場合自動車保険料が安くなります。




自動車保険7つの内容 その5 【無保険車障害保険】


5・無保険車傷害保険




 ぶつかってきた相手の車に対人賠償保険がついていない場合や、

 あて逃げされた場合などで、

 相手から十分な賠償が得られないときに備える自動車保険です。



相手が保険に入っていなかった場合でも、これなら安心ですね。

自動車保険7つの内容 その4 【自損事故保険】


4・自損事故保険




 電柱に衝突したり、ガケから転落した場合などで、

 運転者自身が死傷したときに出る保険です。

 なお後にでてくる人身傷害保険にはいると、

 補償がかぶるので自損事故保険はなくなります。



分かりやすく言うと、「相手がいない事故」です。
相手がいると、相手の自動車保険から保障がされますが、(相手の悪い割合が高いとき)
相手がいないと自分の自動車保険が保障してくれます。



自動車保険7つの内容 その3


3・搭乗者傷害保険
 




車に乗っている人が死傷したり入通院した場合に備える保険です。

 相手からの賠償金や人身傷害保険とは関係なく保険金が支払われるという特徴があります。


 
なお入通院の際の補償は、

 入通院した日数に比例して保険金が支払われる「日数払い」、

 入通院日数が5日に達した時点であらかじめきめられた額を払う「部位症状別払い」

 のどちらかになります。


運転者の自分が負傷した場合、治療費や会社を休まなければならないなどの経済的負担を

自動車保険が補ってくれます。


困ったときのことを考えて、自動車保険に加入したいですね。

自動車保険7つの内容 その2


2・対物賠償保険





 自動車事故で、他人の車や建物、電柱や信号やガードレール等を
 壊してしまったとき
に保険金がでます。



実は、信号一つ壊したらとてもお金がかかるのです。

(1本足の歩行者用信号を全壊したら、30万円以上はかかります。)



自動車保険をしっかり選んで、対物賠償にも多少の金額を設定しましょう。



自動車保険7つの内容 その1


1・対人賠償保険




 歩行者や自動車の同乗者、他の車の搭乗者などを死傷させたときに備える保険です。



 自賠責保険(強制保険)と補償内容は重なりますが、昨今は対人賠償金額が増えており、後遺症な  ども考えると、1億円の賠償という事例もあります。






 自賠責保険の限度額が死亡・後遺障害で3000万、ケガで120万円ととても少ないので、
 この対人賠償保険が必要になります。

自動車保険の補償

自動車保険の補償

 自動車保険はさまざまな保険の組み合わせでできています。

 自動車保険の中にある保険を大きく分けると、

 「相手への賠償にそなえる」「自分自身を守る」

 の2つに分けることができ、さらにそれぞれ

 「ヒトを対象にするもの」「モノを対象にするもの」

 に分けることができます。




自動車保険の補償の対象

















  相手への賠償 自分自身を守る
ヒト 1・対人賠償保険 3・搭乗者傷害保険

4・自損事故保険

5・無保険車傷害保険

6・人身傷害保険
モノ 2・対物賠償保険 7・車両保険



 各保険はその補償内容を自由に設計することができ、

 またいらない保険をはずすこともできます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。