無保険者傷害保険とは

無保険者傷害保険とは、無保険車と事故を起こした場合に備える保険です。

これは最近、特に気をつけておいた方がよい自動車保険となります。

今はほとんどの方は任意自動車保険に入っているものですが、盗難車やひき逃げなどの自動車事故に自分が遭遇してしまったときには役に立ちます。

分かりやすく言うと、保険に加入しているあなたが、保険に加入していない他の自動車(無保険者)との事故で、死亡または後遺障害を被ったとき、この保険から賠償金が支払われることになります。

保険金額は自分の契約している対人賠償保険と同じ金額ですが、無制限で加入している場合は、2億円が上限となります。


この場合の無保険車の条件は以下のとおりです。

1.任意の対人賠償保険がついてない自動車。
2.対人賠償保険はついているが、運転者の故意や泥棒運転、年齢条件や家族限定特約の条件に違反しているなどの理由で保険がおりない場合。
3.対人賠償保険はついているが、その保険金額が被害者の損害額を下回る場合。
4.ひき逃げなどで加害者が特定できない場合。


任意の対人賠償保険に加入していない自動車は、全体の約15%にものぼります。死傷事故を被った場合、億単位の損害を被る場合も少なくありませんが、この無保険車の自動車と死傷事故を起こした場合、自賠責保険の限度額である3120万円までしか支払われません。

このようなケースに、きちんと補償してもらえるのが、この無保険者傷害保険なのです。

【overturemonitor自動車保険の選び方】より引用させていただきました。

物騒な世の中となっています。
もし被害者になってしまったら、泣き寝入りしないためにも、検討しておいた方がよさそうな自動車保険ですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償」
Excerpt: 自動車保険はもともと賠償責任保険が発祥の源と 考えられます。激化する交通戦争の中で、車に轢 かれて亡くなったり、大けがをしたりする事故が 増え、被害者救済、つまりドライバーが被害者に 補償する..
Weblog: 保険代理店プロデュース・ワン〜活動日誌〜
Tracked: 2006-11-23 17:54

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。