対物賠償保険の適正金額は?

対物賠償保険は、自分で自由に設定できますが、一体どのくらいの金額が適正なのでしょう?

もちろん、自動車保険の保険料は安くおさえたいのですが、事故のときに賠償金が払えないくらい高額となったら?!

対物賠償保険とは、自動車事故で「他人の物」や「公共のモノ」を壊して、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるもの。


「他人の物」とは、事故の被害者の自動車や身の回りの持ち物。あと、見落としがちなのが、「公共のモノ」。

公共のモノとは、踏切や信号機、ガードレール、電柱などのことです。


意外と忘れられていますが、これが結構高額だったりするのです。

私の友人は、事故で一番簡易型の信号機(一本足で、赤と青だけの歩行者用のもの)を壊したとき、30万円すると言われたそうです。

現在では、高性能の信号機(センサーやカメラ、コンピューター基板内蔵のもの)がありますので、1台100万円はざらだそうですよ!


あと特に怖いのは踏切事故。

踏切道を通過中の自動車が電車と接触して、電車を脱線・電柱に衝突させて付近の民家(持ち家2軒、借家1軒)に突っ込んだ事例(福岡地判昭55・7・18)では、当時約1億2,037万円の賠償額でしたが、今の物価に換算すると2億2,000万円強に相当するそうです。【
保険スクエアbang!より引用】


対人賠償保険より、軽んじられて見られがちな対物賠償保険ですが、最低でも「20000000円」の枠は確保しておきたいですね。

通勤路などに踏切がある方は、ぜひ「無制限」をおすすめします。
億単位の賠償は、個人では難しいものです。

もしもの時に、役に立つ自動車保険を選んでおきたいものですね。


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!


この記事へのコメント
こんにちは、はじめましてタコと言います。
少しブログらしくなってきましたので、
特進メンバーさんと相互リンクさせていただきました。
●ブランド@交差点
http://takonomori.livedoor.biz/?blog_id=2006913
●国内旅行より気軽な海外旅行
http://overthesea.seesaa.net/
これから頑張っていきますのでよろしくお願いしますm(_ _)m


Posted by タコ at 2006年11月22日 15:29
自動車保険の無保険車傷害保険というのは、対人賠償保険に加入すると、自動的に付いてきます。
無保険車傷害保険だけでの加入はできません。

Posted by けん2 at 2006年11月24日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。