対人賠償保険の無制限について

対人賠償保険とは何でしょう?

これは、自動車事故で他人にケガをさせたり死亡させたことで、相手から法律上の損害賠償請求を受けたときに保険金が支払われるというものです。

過去の交通事故賠償による主な高額判例をチェックしても、

2億9,737万円
(相手:当時40歳男性、会社役員、被害状況:後遺症)
2億6,548万円
(相手:当時20歳男性、大学生、被害状況:後遺症)

と、賠償額は2億円以上が多数です。

実際には、自賠責保険から死亡の場合で3,000万まで、後遺障害で最高4,000万円の保険金が出るので、それを超える部分が対人賠償でカバーされます。


実際のところ、保険金額が「2億円」と「無制限」ではあまり保険料に差ががないそうですので、対人賠償保険の保険金額は、「無制限」がよいでしょう。

相手の賠償もきちんとできる自動車保険を選択してくださいね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償」
Excerpt: 自動車保険はもともと賠償責任保険が発祥の源と 考えられます。激化する交通戦争の中で、車に轢 かれて亡くなったり、大けがをしたりする事故が 増え、被害者救済、つまりドライバーが被害者に 補償する..
Weblog: 保険代理店プロデュース・ワン〜活動日誌〜
Tracked: 2006-11-25 18:37

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。