こんなとき、もし任意の自動車保険に入っていなかったら?!

任意自動車保険に加入してなかったら・・・

事故形態 自動車保険加入なし 自動車保険加入あり
家族が歩行中に
ひき逃げされた
政府補償事業に請求します。時間もかかりますし、自賠法の基準ではなく過失相殺が適用されます。上限額も自賠責と同じです。 人身補償特約に加入していれば、保険金額まで過失減額される事無く補償が受けられます。自分が運転して賠償保険を使うわけではないので、保険料はあがりません。
友達の車を運転していて
事故を起こした。
友達の車の保険が家族限定などで使えない場合、自己負担で物損を賠償します。自賠責は使えますので傷害なら120万円なでは自賠責に請求して、それを超えたら自己負担です。 自分の保険の他車運転担保特約が使えます。車の管理や業務を伴わない一時使用なら保険が使えますので、賠償の自己負担の心配はいりません。海やスキーの帰りに多い事故形態ですね。
追突などの相手が100%
悪い被害事故を受けた。
相手方から賠償金を受領します。 前者に加えて自分の保険会社からも搭乗者傷害保険と言うお見舞金が受領できます。賠償保険ではないので次年度の保険料が増加することはありません。

その他にも任意保険に加入していた場合としない場合に大きな差が出るケースは沢山あります。
一番大きいのは無保険車傷害保険でしょう。
これは相手の車が保険に加入していなく死亡・後遺障害を負ったケースで支払われる保険金です。

まさか相手が保険に加入していないとは思いませんよね。そしてその場合、相手に賠償する能力のないのがほとんどです。

事故に遭ってから、泣き寝入りをしないためにも、「無保険車傷害保険」の加入を考えてみた方がよさそうですね。

もちろん、自分が加害者になってしまった時も、任意保険は絶対に必要ですね。頼れる味方です。

「自動車保険ダイレクト」を参考にさせて頂きました。

安い自動車保険を徹底比較!【価格.com】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26407487

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。