起こってからでは遅い?!意外に高額な医療費

タレントの森公美子さんのご主人が交通事故で入院、頭部を強打し一時ICU収容されたそうです。

森公美子(47)さんのご主人(50)が交通事故に遭い都内の病院に入院していることが17日、森さんのインタビューで分かりました。

森さんによると、夫は2006年8月13日午後11時すぎ、東京・渋谷区の自宅からコンビニに買い物に出たところでオートバイと接触。頭を強く打ち、救急車で都内の病院に運ばれました。一時は深刻な状態と言われ、脳神経外科のICUに入っていましたが、15日昼には一般病棟へ。頭を打っているため複数の検査を行っており、現在は経過を見守っている状態だそうです。骨折している個所もあるそうです。

「自分の家族がこういうことになるとは想像していなかった」と森さん。

事故が起こってからでは遅いのです。
森さんのように日頃から、交通安全を心がけていても、事故にあってしまうことがあります。自分や大切な家族が負傷してしまっても、十分な治療が受けられるように、保険に対して十分検討していく必要があります。

特にICU(集中治療室)は、一日あたりの治療費は数万〜十数万となる場合が考えられます。

万が一に備えて、今加入している保険の保障内容を一度見直してみましょう。


例えば....
●リスク細分型自動車保険  スミセイ損害保険 「一見楽着」
  救命救急医療
  加算金 医療保険金(部位・症状別払)が支払われる場合で、2日以上のICU治療を受けた場合は、一律20万円を支払います。

●三井住友海上保険 「MOST」  高度先進医療補償が受けられます。


保険の窓口 インズウェブ

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。