年齢による制限

免許をとったばかりの若者と、何十年も運転しているベテランとでは、
 若い人のほうが事故にあう(おこす)確率が高くなります
 そこで事故にあいにくいベテランほど自動車保険料を下げるための制度がこの年齢による制限です。

 基本的には年齢によって4つの分け方があります
  1・全年齢担保(すべての年齢の人が保険の対象になる)
  2・21歳以上担保(21歳以上の人が保険の対象になる)
  3・26歳以上担保(26歳以上の人が保険の対象になる)
  4・30歳以上担保(30歳以上の人が保険の対象になる)

 例えば21歳以上担保の場合、
 21歳の人が運転して事故をおこしても保険が使えますが、
 20歳の人が運転して事故をおこした場合は保険が使えず、自分で負担しなければなりません。
 だから保険契約の際は、
 自分の車を運転する中で最も年齢の低い人を基準にする必要があります。

 たまにですが、保険をよく理解していない免許とりたての子供が、
 後輩などに車を貸して事故をおこし、実はその後輩は年齢条件に合っていなかった、
 ということがおこります。
 自分の保険は誰が運転できるのか、自分だけでなく周りにもしっかり認識させておきましょう。

 基本的な分け方は上の4つですが、最近は保険会社によっては、
 ・35歳以上担保、・65歳以上不担保(65歳以上は保険の対象にしない)
 などのように分け方をより細かくしている場合もありますし、
 さらに1歳刻みの年齢で保険料を分けている会社もあります。

 自動車保険料や特約は保険会社によって違いますし、細かく決めた方がお安くなりますので、無料で最大15社の自動車保険を一括見積できるシステムなどを参考にして、じっくり選んでみてください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26406208

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。