自動車保険7つの内容 その6 【人身傷害保険】


6・人身傷害保険




 比較的最近に発売された新しい自動車保険です。

 人身傷害保険は事故の際、

 自分の車に乗っている人のケガなどに対して実際の損害額を補償してくれる保険です。

 「でも事故なら相手から賠償金がもらえるじゃないか」と思うかもしれませんが、

 人身障害保険が新しい理由は3つあります。




 示談の前に必要な補償を受けられます。

 過失割合に関係なく、補償を受けられます。

 自動車搭乗中の事故だけでなく、歩行中の自動車事故や補償対象。




 2番目の過失割合に関係なく補償が受けられるというのはどういうことかというと、

 通常自分の過失が大きいほど、

 相手からもらえる賠償金が減る=自分の負担が増えるわけですが、

 人身障害保険に入っていれば本来減らされてしまう部分もふくめ
 自分の自動車保険でカバーされます。







 人身傷害保険の特徴として歩行中の事故についても補償する、というのがありますが、

 保険会社によっては電車、バス、飛行機などに搭乗中の事故も対象になる場合や

 日常生活のありとあらゆるケガも対象となる場合もあります。

 詳しくは保険会社にご確認ください。



 補償を車に乗っているときのみに限定することもでき、

 その場合自動車保険料が安くなります。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26403063

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。