自動車保険7つの内容 その3


3・搭乗者傷害保険
 




車に乗っている人が死傷したり入通院した場合に備える保険です。

 相手からの賠償金や人身傷害保険とは関係なく保険金が支払われるという特徴があります。


 
なお入通院の際の補償は、

 入通院した日数に比例して保険金が支払われる「日数払い」、

 入通院日数が5日に達した時点であらかじめきめられた額を払う「部位症状別払い」

 のどちらかになります。


運転者の自分が負傷した場合、治療費や会社を休まなければならないなどの経済的負担を

自動車保険が補ってくれます。


困ったときのことを考えて、自動車保険に加入したいですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。