自賠責保険とは

■自賠責保険とは

 自賠責保険とは自動車(原動機付自転車を含みます)を運行する場合には必ず加入しなければならない保険として法律で義務づけられている為、一般的に強制保険と呼ばれています。

 自賠責保険の証明書を車につんでいないだけで、3万円以下の罰金になりますので、必ず車に携帯するようにしましょう。 また、自賠責保険を契約しないで(有効期限が切れている場合など)自動車を運行した場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点となり、免許停止処分となります。

 この保険の補償条件は「過失により他人を死傷させたとき」であり補償限度額(保険金額)は死亡で「3,000万円」、傷害で「120万円」、後遺障害障害は等級などに応じて、「75万〜4,000万円」と定められています。

 被害者1名毎に支払い限度額が定められるので1回の事故で複数の被害者がいた場合でも保険金は減りません。被害者が直接加害者の契約会社に請求できるという特徴がありますが、被害者に重大な過失がある場合は減額、もしくは保険金は支払われません。


しかし昨今では、死亡事故や後遺症障害を起こした場合の補償は、自賠責の定める金額ではとても足りなくなってきました。

(後遺症障害を将来のある若者に負わせてしまった場合、1億を超える判決も出ています。)

自賠責では補えない、大きな補償を設定できるのが、任意の自動車保険です。
自動車保険は加入が自由で保障内容も各種各様です。

対人賠償保険は、支払うべき賠償金が自賠の限度額を上回った時にその不足分が支払われます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

【社会保険】 社会保険の認識(社会保険庁、事務所、労務士など)
Excerpt: こんにちは!保険@情報ナビです。まずは社会保険 とは、社会保障の分野のひとつで、国民が生活する上での疾病、老齢、失業、労働災害、などの事故に備えて、事前に強制加入の保険にはいることによって、事故が起こ..
Weblog: 保険@情報ナビ
Tracked: 2006-11-14 14:17

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。