等級が下がると次年度から保険料が高くなるそうな?!

事故を起こすと保険料が高くなるのはどうしてでしょう? 自動車保険料を決める要素の1つに、ノンフリート等級という割引や割増を表す基準があります。1年間無事故だと等級は1つ上がるけど、逆に保険を使うと事故の大きさや支払ってもらう金額に関係なく等級は3つ下がって保険料は高くなります。3つ下がると大変で、元の等級に戻るには3年かかるし、もし保険を使っていなかったら等級はもっと良くなっているはずなので、保険を使うか使わないかでその後の数年間の保険料に差が出てしまうのです。(*)

特に支払い金額が小額の事故の場合、等級が下がることを考えると保険を使わない方が結果的にお得な場合もあるのです。でも、万が一のときの保険なのに使わない方がいいなんて悔しいですよね。だから最近は保険を使っても等級が下がらない方法も新しく出てきました。

「等級プロテクト特約」という特約をつければ、契約期間中の1回目の事故に限り、等級を下げずに翌年も現在の等級と同じ等級になるのです。 特約なので、多少保険料は高くなってしまいますが、等級の心配をせずに保険を使えるから安心ですし、等級が下がって保険料が高くなってしまうことを考えればお得かもしれません。ただし、保険会社によってこの特約を付けられなかったり条件が違う場合もあるので、事前に確認してください。

(*)例えば、9等級で保険料13万円の人は?・・・3年間で17万円の保険料の差!


保険スクエアbang!/自動車保険より引用




等級プロテクト特約....覚えておきたいですね。(^^

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26337114

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。