安全な車に乗ろう

安全なクルマとは、エアバックやABSなどの安全装置が付いているクルマのことです。



スポーツカーやコンパクトカーが危険と言っているわけではありません。念のため....。



安全な車ほど事故の被害が少なくてすむので、その分、保険料を安くしている保険会社が多くなりました。マイカーを買い替えるときに、意識しておくとよいですね。



なお、エアバック装備車割引やABS割引はほとんどの保険会社で取り扱われていますが、それ以外は一部の保険会社のみの適用になります。



割引名 内容
エアバック装備車割引 エアバックが装備されているクルマであれば、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を10%(デュアルエアバックは15%)割り引くというもの。保険会社によっては、搭乗者傷害保険のみを対象にしているところもあります。
ABS割引 ABSは、正式にアンチロック・ブレーキ・システムといいます。このシステムがないと、急ブレーキを踏むとタイヤがロックされてハンドル操作がきかなくなることがあります。ABSを付けていれば、それだけ安全性が高いということで、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険の各保険料相当部分を5%割り引くことができます。
横滑り防止装置割引 横滑り防止装置(車両安定性制御装置)とは、センサーが横滑りを感知して自動的に4輪のタイヤそれぞれにぴったりのブレーキをかけてエンジンの出力をしぼる装置のこと。この装置が付いているクルマであれば、対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を5%割り引くことができます。
衝突安全ボディ割引 正面衝突したときに、クルマの前方がつぶれている写真を見たことはないでしょうか? 衝突時の衝撃は、クルマがペチャンコになるだけでなく、運転者や搭乗者のカラダにも大きな負担を与えます。このような衝撃を吸収する構造を持ったクルマを衝突安全ボディ装置車(別名ゴア)と呼び、これに該当するクルマであれば、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の各保険料相当部分を10%割り引くことができます。とはいえ、衝突安全ボディの基準には欧州基準・国内基準・米国基準などがあり、どれを採用しているかは保険会社によって違うようです。
低公害車(エコカー)割引 安全装置ではありませんが、エコカーとかハイブリットカーという名前で、環境に配慮した低公害車が販売されるようになりました。これらは税制上の優遇措置を適用することができますが、さらに自動車保険料まで安くなるというおまけが付いているのです。割引率は、ファミリーバイク特約を除く保険料に対して3%になっています。
盗難防止装置(イモビライザー)割引 イモビライザーとは盗難防止装置の一つで、自動車のキーとエンジンとの暗号が一致しないとエンジンが始動しない仕組みのものです。保険会社によって、車両保険料の割引の対象となります。メーカー純正のものなのか、後付けなのかなどで割引率が違います。
その他にも盗難車追跡装置(GPSまたはPHSや携帯電話の基地局を利用した測位システム)や盗難異常通報装置なども対象となる場合があります。
また、位置提供・急行サービスを提供している会社のサービスの料金割引や盗難の再発や損害軽減対策費がでる特約をもうけている保険会社もあり、割引率は車両保険料の1〜5%になっています。



保険スクエアbang!

より引用




安全な車に乗って、保険料は安く!なんて、お得ですよね。

自分と家族をしっかり守ってくれる車を選びましょう!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

車両保険料 情報 02
Excerpt: 車両保険料率の総合情報サイト [Feel For]車両保険料率総合情報サイト。厳...
Weblog: 車両保険料 情報
Tracked: 2007-07-27 03:13

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。