2台目からは安くなる?!

同居の子どもや配偶者のために、マイカーを2台、3台保有する家庭が増えてきました。このような家庭なら、「セカンドカー(複数所有自動車)割引」を利用すると、保険料が安くなります。

一般的なセカンドカー割引とは、1台目の保険契約が5年以上無事故の人(=11等級以上の人)であれば、2台目以降の保険料を割り引くというもの。新規で自動車保険に加入した場合、6等級からのスタートになりますが、セカンドカー割引を使うと7等級から始めることができるのです。2台目の自動車保険の設定が「26歳未満不担保」または「30歳未満不担保」であれば、30%の割り引きになります。

しかも、その後は通常と同じく、無事故が1年続くごとに等級が上がっていくので、ずっと無事故を続けていれば単独で入るよりも1年早く16等級(最高割引率)になるというダブルの特典が受けられるのです。

2台目の被保険者は、1台目と同じ人であることが原則ですが、同居の家族であればいつでも契約を移行することができます。子どもが結婚して別居生活に入るという場合は、別居する前に子どもに名義変更すれば、等級をそっくり引き継いだかたちで子どもの保険にできます。覚えておくと便利ですね。

しかし、一部の保険会社では、2台目以降の保険料を10%割り引く「複数契約割引」を採用しているところや、「マルチオーナーシップ割引」になっているところもあります。

「マルチオーナーシップ割引」とは、2台目からの保険料を10%割り引くだけでなく、1台目についても次回継続時に同様に割り引きが受けられるというものです。しかも、契約者と同居している家族の名義で、2台目の保険を付けた場合にも、同様の割り引きが利用できるようですよ。

保険スクエアbang!より

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。