平井堅さんのコンサートで飲酒検問?!

名古屋市で12月19日に開かれる歌手・平井堅さんのコンサートで、愛知県警は、終了後に会場の駐車場から出る全車両の飲酒検問を実施するそうです。

 平井さんは1998年から「リラックスした環境で音楽を楽しんでほしい」と全国で1ドリンク付きのコンサートを続けているそうですが、警察が飲酒の検問を実施するのは、今回のコンサートが初めてだそうです。

「1ドリンク付きのコンサート」とは、どのようなものかというと、「テーブル指定席 ¥9,500(税込)※おつまみ・1ドリンク付」「指定席¥6,800(税込)※1ドリンク付」「立見席¥6,300(税込)※1ドリンク付」という内容。

ちょっとしたクラブイベントみたいな感じですね。ドリンクが付くとやはりゆったりした気分になれますので、個人的には良い企画だと思います。

しかし、自動車を運転して来る観客にとっては、我慢を強いられることになりそう。(ぜひソフトドリンクを注文してくださいね。)


愛知県警はコンサートの当日、警察官約80人を動員し、午後5時半の開場に合わせてパトカーを配備し、検問で飲酒運転が判明した場合は摘発するとのこと。

最近ニュースでは、飲酒による交通事故が数多く発生しているのですが、 飲酒による事故に関しては、自動車保険からは給付金を支払う義務がありません。

損害保険会社
の定める規約には、「飲酒による事故の場合、保険金を支払う義務は発生しません」と必ず明記されています。

自動車保険
は、通常発生した事故にのみ保障されるので、飲酒運転で相手の方を怪我させてしまった場合、自分の加入する自動車保険からは、保険金が下りません。

飲酒運転による事故で、相手を死亡させてしまった場合、対人賠償を無制限に設定していても、それが支払われないことになるのです。

たった1杯のつもりで飲酒し、「大丈夫だから」と自動車に乗り、事故を起こしたら、あなたの一生が狂ってきてしまうことになるのです。

飲酒運転は法律で厳しく禁じられた行為です。飲むなら、車を運転しない。

飲んでしまったら、運転代行などのサービスを利用するように習慣づけましょう。

飲酒による自動車事故は、自動車保険ではカバーできません!
いくら備えても、これだけは....。

これからのシーズン、くれぐれもお気を付けくださいね。



ホリケンの愛車って何?

ネプチューンの堀内健さん。

ホリケンの愛称で親しまれていますが、元カノの井川遥さんが結婚していたことで、マスコミからコメントを求められて困っているみたい。

東京・渋谷のパルコ劇場で行われた初主演舞台「みんな昔はリーだった」(公演日程:2006年12月13日(水)〜12月30日(土)(演出・後藤ひろひと)))の公開舞台げいこに参加した堀内健さんに「井川遥さんが結婚されましたが?」と質問。ホリケンブルース・リーの真似でごまかし、「おめでとうございます!」と爽やかに一言言ったそうですよ。(^^


昔からネプチューンの堀内健さんのファンだったので、今回は彼の愛車は何か、調べてみました。

そしたら、なんと「BMW528i(E39)」をお持ちだそうで、愛らしい車を想像していた私にとっては、結構意外。

BMW528iの画像は、下記のブログにありました!!
「1ヶ月2万5千円以内でBMW740ライフを楽しめるのか?!」


思ったよりしっかりした車でした。
ホリケンは、自動車に関してはこだわりを持っているのかな?

自動車を見れば、大体の人柄が想像できますよね。
面白いです♪

ホリケンさん、初舞台もがんばってください!!期待してます!!

自動車保険を選ぶときの比較ポイントは何?

自動車保険は、できるだけ安くおさえたい!!

でも、いざというときに役立つ自動車保険でないと、意味がありませんよね。

では一般的には、自動車保険を選ぶときに、どのような基準で選んでいるのでしょう?

gooランキング」の、「自動車保険を選ぶ時に重視するポイントランキング」(集計期間:2006年7月25日〜2006年7月26日)を参考にして、比較してみましょう。

自動車保険を選ぶときに重視するポイント●
上位5位までは、以下のようになっています。

1位「運転年数によって割引になる 」

2位「ゴールド免許保持の割引がある」

3位「家族限定割引がある」

4位「安全装備(エアバッグ、ABSなど)が付いていると割引」

5位「無料ロードサービス(鍵の閉じこみ、エンストなど)がある」


結果を見ると、保険を使う可能性が低い人ほど保険料が安くなるリスク細分型保険を重視する人が多い結果となっているようです。

大都市になると、免許は持っているけど、自動車を運転する機会がほとんどないという人も沢山いるので、事故に遭う可能性も低く、できるだけ省いた形で安くおさえるということになるのでしょうか?

その他、13位に「保険会社の担当員がとても信頼できる」という意見もあり、やはり親身になって面倒を見てくれる担当員がいると、安心できるものです。

14位「インターネットからの申し込みが出来て割引がある」

19位「クレジットカードで保険料の支払いが出来る」

などの、できるだけ家計に負担をかけたくない、主婦の方々の意見もありました。クレジットカードでの支払いは、ポイントを貯めてお得に使いたいということでしょうか?

知っていますか?インターネットならさらに約8%安いって


ランキングをふまえて、自分なりに自動車保険を比較し、お得な保険を選びたいものですね。(^^)

自動車を2台持っているんですが...

「な、なんですと?!

この不景気に、2台も!自動車を持っているのですかぁ〜!!」


と、驚いてしまう私はボロボロの中古車を1台しか所有していないことがバレてしまいますね。(^^;

でも結婚して、生活が安定してくると、2台自動車を持っているのって、あたりまえなのかもしれません。

奥様用の軽自動車と、ご主人用あるいはレジャー用の自動車とか。

そういうご家庭の自動車保険って、何か特別な割引とかあるのでしょうか?

調べてみると、保険会社は各社「2台目割引」という割引制度を設けているようです。別々の保険会社に契約するのではなく、一つの会社にまとめた方が保険料を安く削減できるようです。

会社経営などで、10台以上の車を所有している場合は、「フリート契約」が適用されます。保険料が大幅に割引されたり・更新 の手間が省けたり・事故防止運動により割引されたり大きなメリットがあるようです。

なかには2台目割引という制度のない保険会社や、等級によって制限をつけている会社もありますので、事前にじっくり調べておくことが必要ですね。

できるだけお得に!とお考えのご家庭も多いと思います。
自動車保険は、数社まとめて見積をとり、じっくりと比較していくのが、損のない選び方です。

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。